マイホームの照明にはLEDが最適?家庭用照明の選び方を理解しよう!


明度が高く長持ちするのがLEDの魅力

LEDを家庭用の照明として使う利点は耐久性が高く、長く使用できることです。古くから使われていた電球は約千から二千時間、蛍光灯でも長くて一万時間程度が快適に使用できる寿命でした。しかしLEDは製品ごとに多少の違いはあるものの、約四万から五万時間までは明度が下がりません。一日に十時間使ったとしても約十年は買い替える必要がないと言えます。また、LEDは非常に明度が高く、日中でも眩しく感じるほどです。これはLEDの光が拡散しにくいためであり、吹き抜けなどの高所から一部分を明るく照らすのに適しています。家庭用のLEDは明度を保ちつつ、電球並みに光を拡散できる作りになっているのでリビングなどの広い場所でも明るく照らすことが可能です。

お得なLEDだが注意点もある

明度が高く長持ちするLEDは理想的な照明機器と言えますが、必ずしも万能とは言い切れません。LEDは基本的に長時間使い続けることを前提としています。そのため、頻繁にスイッチを切り替える環境では性能が低下するので不向きです。一般の家庭ではトイレや浴室などが該当するので、このような場所は電球や蛍光灯の方が便利です。また、市販されているLEDのすべてが高品質とは限りません。海外製の安価なLEDの中には稀に明度が低い粗悪品が混在していることがあります。激安LEDは製造メーカーが記載されていない物が多く、光のちらつきが生じることもあるので使わないのが賢明です。高所から落としたり強い衝撃を与えてしまったLEDも性能が低下している可能性があるので避けます。

ledパネルとは、光るポスターパネルのことです。光るポスターは人の目を惹きつけやすく、設置することで集客力アップを狙うことができます。ledを使用しているため、電気代が安いことも特徴です。